タグ:レシピ ( 6 ) タグの人気記事
洋酒香るCake aux chocolat*  Cake週間(5) oishii
e0162121_15165010.jpg

前回に引き続き、ココア風味のケーキを焼きました。
材料と作り方を少し変え、今回はどっしりとした洋酒の香る濃厚な仕上がりです♪

材料 パウンドケーキ型 4.5×12×5.5(cm)1台分 (←高さの低い仕上がりです)
・バター  18g
・グラニュー糖  9g
・はちみつ  9g
・卵黄  20g(約1個分)
☆小麦粉  8g
☆アーモンドパウダー 7g
☆ココアパウダー  3g
●洋酒(ラム酒)漬けレーズン  15g
●洋酒(ラム酒)漬け甘夏ピール  5g
●くるみ  8g
●ブランデー  5ml

準備
・型の用意をしておく。
 (私は、型の大きさに合わせてカットしたオーブンペーパーを、バターで型に接着しています)
・バター、卵黄は常温に出しておく。
・薄力粉、アーモンドパウダー、ココアは合わせてふるっておく。
・レーズン、胡桃、甘夏ピールは適当な大きさに刻み、分量のブランデーと合わせておく。
・オーブンを190~200℃に予熱しておく。 

作り方
1)バターにグラニュー糖、はちみつを入れ、ふんわりと白っぽくなるまで泡立てる。
2)1に卵黄を入れ、しっかりと混ぜる。
3)2にふるった粉類を一度に入れて、軽く混ぜる。
4)まだ粉がところどころ見えている状態で、●のレーズン・ピール・くるみを入れ、
  生地につやが出るまでしっかりと混ぜる。
5)型に流して、生地を平らに均す。
6)オーブンの温度を170℃に下げて、焼成。
  (竹串を刺してみて、生地がついてこなくなるまで)
7)焼きあがったら、すぐにブランデー(分量外)を適量うつ。
8)乾燥しないようアルミホイルなどをふんわり被せて冷ます。

※グラニュー糖の代わりにブラウンシュガーなどで作るとコクが出て美味しいと思います。
 甘夏ピールは、オレンジピールなどで代用可です。
 作り方の工程2では、卵黄を一度に加えてしまっても乳化作用があるので大丈夫です。
 濃厚な仕上がりなので、小さめにカットして頂くのがおススメです*

上記の配合量、とても少なくて(アブノーマルで)すみません…。
普段使われているパウンドケーキ型に必要な材料の約1/3くらいがちょうど良いかと思いますm(__)m

その他、何か説明不足な点、疑問点などありましたら、
気軽にコメント欄からお願いします!


***


ランキングに参加しています*
応援クリック、よろしくお願い致しますm(__)m


[PR]
by kangaroos-day | 2009-08-20 15:16 | お菓子
Cake au chocolat*  Cake週間(4) oishii
e0162121_1403075.jpg

Cake aux chocolatを焼きました*

作り方はシュガーバッター法で、卵を別立てにしてみました!
よって、焼き上がりはふわふわ系ですが、
アーモンドパウダーが入っているので食べるとしっとりとしていて、風味豊かですヾ(*´∀`*)ノ
久々にレシピをアップします*


材料 パウンドケーキ型 4.5×12×5.5(cm)1台分
・バター  55g
・グラニュー糖  55g
・全卵  55g
☆小麦粉  24g
☆アーモンドパウダー 20g
☆ココアパウダー  5g
・洋酒(ラム酒)漬けレーズン  45g
・くるみ  25g

準備
・型の用意をしておく。
 (私は、型の大きさに合わせてカットしたオーブンペーパーを、バターで型に接着しています)
・バター、卵は常温に出しておく。
・薄力粉、アーモンドパウダー、ココアは合わせてふるっておく。
・レーズン、胡桃は適当な大きさに刻んでおく。
・オーブンを190~200℃に予熱しておく。 

作り方
1)バターに砂糖の約3/4量をいれ、白くふわっとしたクリーム状になるまで泡立てる。
2)1に卵黄を加え、泡立てる。
 (むらがないように混ざればOK)
3)卵白と残りの砂糖でメレンゲをつくる。
 (泡立て器を持ち上げると、先が少しお辞儀するくらいがベストです。
  泡立て過ぎてしまったボソボソのメレンゲは、工程4で2の生地と混ざりにくくなり、
  結果的に気泡がたくさん潰れてしまいます。)
4)2に3のメレンゲの半量を加え、ゴムベラでさっくり切り混ぜる。
 粉の半量を加え、切り混ぜる。
 残りのメレンゲを入れ、切り混ぜる。
 残りの粉を入れ、切り混ぜる。
5)レーズンを加え、ここではしっかりと生地にツヤが出るまで混ぜる。
6)型に生地を入れる。
 まず底一面に5の生地を入れる。
 残った生地に胡桃を加えて合わせ、型に入れる。
 (こうすることで胡桃が底に沈みにくいです)
7)オーブンの温度を160~170℃に落として焼成。
 途中、表面が焦げるようならアルミホイルを被せて下さい。
 (生地量によりますが、↑の配合量で45分程度です)
 竹串を中心に刺してみて、生地がついてこなければOK。
8)焼き上がったら、トンっと台に軽く落とす。
9)型から出して、横に倒して冷ます。


焼きあがりに浸み込ませる洋酒は分量外です。好みでどうぞ*
その他、何か説明不足な点、疑問点などありましたら、
気軽にコメント欄からお願いします!



***


ランキングに参加しています*
応援クリック、よろしくお願い致しますm(__)m


[PR]
by kangaroos-day | 2009-08-16 01:40 | お菓子
Blanc-manger oishii
e0162121_21401418.jpg

先日のおやつ ブランマンジェです*

生クリームを入れずに、牛乳だけで作るので、
カロリーオフ&お手軽(*´∀`*)
我が家の定番おやつのひとつです♪


Recipe

■材料■
・牛乳―300ml
・砂糖―30g
○ゼラチン―3g
○水―大さじ1
※ゼラチンは分量の水でふやかしておきます。

■作り方■
1)牛乳と砂糖を鍋に入れて火にかけ、沸騰直前まで温め、砂糖を溶かします。
2)砂糖が溶けたら火を止めて、熱いうちにふやかしたゼラチンを入れて溶かします。
3)型に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固めます。
4)ふるふるに固まったら完成です♪


ゼラチンの量が少ないので、かなりゆる~く固まります。
しっかりとした食感が好みの方は、ゼラチンの量を少し増やしてみて下さい^^

今回は、ブランマンジェと相性の良いアングレーズソースと、
レモンのシロップ煮を一緒に頂きました(*´ω`*)
私は、ブランマンジェと酸味の利いたソースを一緒に食べるのが大好きなんです♪
キウイのソースもオススメです*
是非試してみて下さい♪


*****


ランキングに参加しています*
みなさんの応援クリック、大変うれしいです♪
よろしければ、ぽちッとお願いしますm(__)m


[PR]
by kangaroos-day | 2009-04-27 22:09 | お菓子
「デザート」レモンロールケーキ* oishii
e0162121_9173880.jpg

爽やか~*なロールケーキを作りました(*´▽`*)

粉の配合割合が少なめの、口溶けがいい生地に、
レモンの香りが何とも爽やかな 生クリームをくるくる~っと♪

私にしては、巻いているクリームの量が多いのですが、
クリームが爽やかで軽く おいしい!ので、これくらいの比率がおすすめです^^*

■Recipe■

□材料□
<ビスキュイ> 28X28天板一枚分
●卵黄 ― 3個
●きび糖 ― 15g
・薄力粉 ― 35g

○卵白 ― 3個
○きび糖 ― 35g

<レモンの生クリーム>
・生クリーム(35%) ― 100g
・きび糖 ― 17g
・レモン汁 ― 3g
・レモンの皮(すりおろし) ― 1/2個分

※きび糖はグラニュー糖・上白糖・三温糖などで代用できます^^
  (粒子が細かいものがおすすめです)

□作り方□
<ビスキュイ>
1)ボウルに卵黄ときび糖を入れ、マヨネーズのようにもったりとするまでよく泡立てる。

2)別のボウルで卵白を泡立てる。細かい泡が出来て 全体が白くなってきたら、きび糖を2~3回に分けて入れ、ピンと角が立つまで泡立て、しっかりとしたツヤのあるメレンゲを作る。

3)1に薄力粉をふるい入れて、粉が見えなくなるまで混ぜる。

4)3に、2のメレンゲの1/2量を入れ、よく混ぜる。(メレンゲの泡が潰れてしまってよい)
5)4に、残りのメレンゲを入れて、ボウルの底からすくうようにして混ぜていく。
6)生地にツヤが出るまで混ぜる。(50回以上を目安に)
7)オーブンシートを敷いた天板に、生地を高めの位置から流し入れ、カードなどで生地を平らに均す。

8)180℃に予熱したオーブンで14分程焼く。
9)焼きあがったら、天板から外して平らに置き、粗熱をとる。
10)粗熱がとれたら、ラップをする。
  焼き色の付いた面を取りたい場合は、生地に密着するようにぴっちりと。
  焼き色の付いた面をそのままにしたい場合は、生地に触れないようにふんわりと。

※焼成時間は、各オーブンによって差がありますので、調整してください。
  きれいな焼き色が付いて、竹串を刺したときに何もついてこなければオーケーです^^


<レモンの生クリーム>
1)ボウルに生クリームときび糖を入れ、氷水に当てながら泡立てる。
2)7分立て(泡だて器を持ち上げた時に少し角が立つ程度)になったら、レモン汁と すりおろしたレモンの皮を入れて、軽く混ぜ合わせる。

※レモン汁が多く入りすぎると分離の可能性がありますので、レモン風味を更に増やしたい場合はレモンの皮で調節されることをおすすめします。

<ロールする>
1)冷めたビスキュイをオーブンシートから外す。
2)ビスキュイの一辺を5cmほど切り落として、生地を長方形にする。
3)切り落とした一辺が、巻き終わりになるように、生地をオーブンシートの上に置く。

4)クリームを生地に塗る。(巻き始めは多めに、巻き終わりは少なめに)
5)始めのひと巻きは芯を作るようにしっかりと、あとはくるくると優しく巻いていく。
6)下に敷いてあるオーブンシートで巻いて、両端のシートを折り込み、巻き終わりを下にして冷蔵庫で冷やす。

※ビスキュイの生地の一辺を切り落とすのは、生地とクリームの割合の調整の為。
 切り落とした生地はトライフルにしたり、そのまま食べたり…(笑)自由にどうぞ!
 生地を切り落としたくない場合は、生クリームの分量を増やせばオーケーです^^


レモンの香りがさわやか~で、おすすめです(*^▽^*)
ビスキュイのやわらかさを楽しむ為にも、2日くらいで食べきるといいと思います。

【レシピブログのサンキスト(R)レモン レシピモニター参加中です】
「レモンで春のごちそうコンテスト」参加中♪


よろしければ応援クリック、よろしくお願いします m(_ _)m


[PR]
by kangaroos-day | 2009-03-25 10:32 | お菓子
「デザート」レモンティーシフォンケーキ*
e0162121_1651441.jpg

レモンティーなシフォンケーキを焼きました*

紅茶の香りふわっと香る、
レモンの酸味が効いて さわやか~な、シフォンケーキです♪
このシフォン、私の大好きな味(*^▽^人

柑橘系が好きな人には、是非作っていただきたいです!!

今日は、持ち運びがしやすいように紙コップで作りましたが、
もちろんシフォンケーキ型を使って作っても♪
ではレシピです☆

■Recipe■

□材料□  〈17cmシフォンケーキ型一台,210ml紙コップ6個分〉
●卵黄 ― 3個
●塩 ― ひとつまみ
・サラダ油 ― 43g
・レモン汁 ― 45g

◎薄力粉 ― 63g
◎ベーキングパウダー ― 3g
・紅茶の葉 ― 1.5g

○卵白 ― 3個
○きび糖 ― 60g

□準備□
・◎の粉類は、あらかじめふるっておく。
・卵白は、使うまで冷蔵庫で冷やしておく。

□作り方□
1)ボウルに●の卵黄と塩を入れて、ハンドミキサーで白くもったりとしてくるまで泡立てる。
  (ここでしっかりと泡立てることで、卵臭さが抜けます)
2)1にサラダ油を少しづつ加えながら混ぜる。
3)2にレモン汁を少しづつ加えながら混ぜる。 一旦放置。

<卵白を泡立てます>
4)油分・水分の付いていない、きれいなボウルに○の卵白を入れ、泡だて器で混ぜる。
5)脆い泡が出来始め、 全体が白くなってきたら、きび糖を2~3回に分けて入れ、混ぜていく。
6)泡だて器を持ち上げたときに、角の先端が少しおじぎをするくらいまで混ぜる。

7)一旦放置してあった卵黄生地に◎の粉類を一度にふるい入れ、その上に茶葉を入れる。
  粉が見えなくなるまで、泡だて器でぐるぐる混ぜる。

8)7に、6のメレンゲを1/4(木杓子ひとすくい)程入れ、ここではしっかりと、お互いが馴染むまで混ぜる。
9)残りのメレンゲに 8の1/2量を入れて、底から大きくゴムベラ(木杓子)でさっと混ぜる。
10)9に、8の残りを入れて、底から大きく手早く混ぜる。混ざりきる寸前でストップ!

11)少し高めの位置から、型に流し入れる。
  ボウルにこびりついている生地は重たい生地なので、無理に入れない。
12)竹串でくるくると(1~2周)混ぜて、生地を均すと同時に大きな気泡を抜く。

13)170℃に予熱したオーブンで、40分程焼く。
14)竹串で挿してみて、串に生地がついてこなければ焼き上がり。
15)逆さまにして冷ます。(ワイン瓶等を使うと便利です)

※工程9、10では、メレンゲの泡をつぶさないよう、混ぜすぎには注意します。
※工程13での焼成時間は、各オーブンによって異なるので、調節してください。
※冷ます際に、粗熱がとれたらビニールを被せると、よりしっとりとします。
※紙コップの場合は、焼成時間30分前後です。

柑橘の酸味が好きな方には、本当におすすめなシフォンケーキです(*´▽`*)


【レシピブログのサンキスト(R)レモン レシピモニター参加中です】
「レモンで春のごちそうコンテスト」参加中♪


よろしければ応援クリック、よろしくお願いします m(_ _)m


[PR]
by kangaroos-day | 2009-03-21 16:20 | お菓子
「デザート」マドレーヌ*
e0162121_1654278.jpg

「サンキスト(R)レモン レシピモニター」に当選させていただきましたー!
わぁ~い ヾ(*´▽`*)ノ

美味しそうなレモンが届いたので、早速レモンを効かせたマドレーヌを焼きました☆
おへそもプク~っと膨らんで、おいしく出来ました(*´∀`*)

焼けたら、まずは焼き立てを ひとつ…そしてまたひとつ…と、
頬張ってみてほしいです♪

■Recipe■

□材料□ シリコンミニバラ型15個分
・ 卵 ――1個

○きび砂糖 ――25g
○塩 ――軽くひとつまみ

●薄力粉 ――45g
●ベーキングパウダー ――2.5g

・ レモンの皮 ――1/2個分
・ バター ――45g
・ はちみつ ――大さじ1

<準備>
・薄力粉とベーキングパウダーは合わせて3回程ふるっておきます。
・レモンの皮は細ーく千切りにしておきます。

□作り方□
1)ボウルに卵を入れて、泡だて器で軽く混ぜます。
2)1に ○の砂糖と塩を混ぜたものを2~3回に分けて加え、その都度混ぜます。
3)2に ●の粉類を一度にふるい入れ、だまのないようによく混ぜます。
4)3に 刻んだレモンの皮を入れて混ぜます。

5)鍋に分量のバターを入れて火にかけ、バターが溶けて沸騰しかけたら、
  あつあつのうちに4に入れて、すぐに混ぜます。
6)5に はちみつを入れてよく混ぜます。
  ここでよく混ぜることできめが細かくなって、型離れもよくなります。

7)生地が出来たら ボウルに濡れ布巾をかぶせて、冷蔵庫で2時間程休ませます。
  休ませることで、しっとりとした焼き上がりに*

8)休ませた生地は、型に入れる前にまず少し混ぜます。
9)生地をスプーン等ですくって型に入れ、
  180℃に予熱したオーブンで15~20分、いい焼き色がつくまで焼きます。

10)焼きあがったら、熱いうちに竹串などで型から外します。
11)粗熱がとれたら、ふわっとラップをかけて冷まします。

※きび砂糖が無い場合は、グラニュー糖やブラウンシュガーでも。
※レモンは1個160gのもので 1/2個分の皮を使用しています。


このマドレーヌ、レモンをすりおろしではなくて千切りにしているので
“レモンが入っている!”と、感じながらいただくことが出来ますよ♪笑

焼きたては「ふわっ」と、冷めると「しっとり」なマドレーヌです ^^*
どちらかというと、しっかりとした食感で、満足感があります*

【レシピブログのサンキスト(R)レモン レシピモニター参加中です】
「レモンで春のごちそうコンテスト」参加中♪


よろしければ応援クリック、よろしくお願いします m(_ _)m


[PR]
by kangaroos-day | 2009-03-17 17:47 | お菓子